フローデータを保存する

[Save all data that passes through the Flow(フローを通過するすべてのデータを保存)]機能が有効な場合、フローが実行されるたびにフローデータの保存が開始されます。このデータ保持は、過去の実行を調べたり、フローエラーをデバッグしたりする必要がある場合に便利です。

Oktaでは、各実行のデータは30日間保持されます。ただし、すべてのデータはいつでも実行履歴から削除できます。「Clear all saved data(保存済みのすべてのデータを消去する)」を参照してください。

機密データが含まれるフローを扱うときは注意が必要です。

データの保存

新規のフローでは、[Save flow(フローの保存)]ダイアログで[Save all data that passes through the flow(フローを通過するすべてのデータを保存)]オプションを有効にします。

既存のフローでは、ナビゲーションバーのフロー状態ボタンを使ってデータ保存機能をオンにします。

  1. フロー状態のドロップダウンをクリックしてフローオプションを開きます。

    フロー状態ドロップダウンの、フローを通過するすべてのデータを保存するオプションを示す画像。

  2. [Save all data that passes through the flow(フローを通過するすべてのデータを保存する)]オプションを有効にします。

    フロー状態ボタンの表示が[Saving data(データを保存)]に変わります。

既存フローでデータの保存を停止するには、次の手順を完了します。

  1. フロー状態のドロップダウンをクリックしてフローオプションを開きます。

  2. [Save all data that passes through the flow(フローを通過するすべてのデータを保存する)]オプションを無効にします。

    フロー状態ボタンの表示が[Clear all saved data(データを保存しない)]に変わります。

保存済みデータの消去

フローについて収集されたすべての実行データは削除できます。[Execution History(実行履歴)]ページには、各実行の成否と日時を示すフロー実行のリストが引き続き表示されます。ただし、フローを通過したデータを利用することはできません。

[Execution History(実行履歴)]ページの右上部分には、データを消去するためのアクションボタンがあります。

  1. [Clear data(データの消去)]をクリックします。

  2. [Clear all data(全データの消去)]ダイアログで次のいずれかのオプションを選択します。

    • Clear all data and stop saving data for this flow(すべてのデータを消去し、このフローのデータの保存を停止する)

    • Clear all data but save all future data for this flow(すべてのデータを消去するが、このフローの以後のすべてのデータを保存する)

  3. [Clear data(データの消去)]をクリックすると、保存済みのすべてのデータが削除され、以後のデータ保持の選択の確認が求められます。このフローの保存済みデータを保持する場合は、[Cancel(キャンセル)]をクリックします。

[Clear Data(データの消去)]をクリックすると、フローについて収集されていたすべての実行データが削除されます。

関連項目

フローデータを保存する

保存済みのすべてのデータを消去する