Red Hat、CentOS、Fedoraにアドバンストサーバーアクセスのサーバーエージェントをインストールする

エージェントをインストールして使用するには、アドバンストサーバーアクセスのリポジトリを追加し、リポジトリ署名キーをインポートする必要があります。

エージェントをインストールするには:

  1. アドバンストサーバーアクセスのyumリポジトリを追加します。

    curl -C - https://pkg.scaleft.com/scaleft_yum.repo | sudo tee /etc/yum.repos.d/scaleft.repo

    注:次のURLから最新のパッケージを直接ダウンロードすることもできます:https://dist.scaleft.com/server-tools/linux/latest/scaleft-server-tools-latest.x86_64.rpm

  2. レポジトリサインキーをローカルキーリングにインポートします。

    sudo rpm --import https://dist.scaleft.com/pki/scaleft_rpm_key.asc

  3. エージェントが含まれるサーバーツールパッケージをインストールします。

    sudo yum install scaleft-server-tools

sftd daemonは自動的に起動するはずです。/var/log/sftd/の下にある最新のsftd をチェックして、daemonが稼働していることを確認します。

次の手順