SuSE Linuxにアドバンストサーバーアクセスのサーバーエージェントをインストールする

アドバンストサーバーアクセスのサーバーツールをダウンロードしてアドバンストサーバーアクセスのリポジトリ署名キーをインポートし、エージェントを使用するためのサーバーツールをインストールする必要があります。

エージェントをダウンロードしてインストールするには:

  1. アドバンストサーバーアクセスのyumリポジトリを追加します。

    curl -C - https://pkg.scaleft.com/scaleft_yum.repo | sudo tee /etc/zypp/repos.d/scaleft.repo

    注:次のURLから最新のパッケージを直接ダウンロードすることもできます:https://dist.scaleft.com/server-tools/linux/latest/scaleft-server-tools-latest.x86_64.rpm

  2. レポジトリサインキーをローカルキーリングにインポートします。

    sudo rpm --import https://dist.scaleft.com/pki/scaleft_rpm_key.asc

  3. エージェントが含まれるサーバーのツールパッケージをインストールします。

    sudo zypper --non-interactive install scaleft-server-tools

    注意: zypperではなくyast2 install(非推奨)を使用する方法もあります。

    sudo yast2 -i /tmp/ scal

エージェントのインストールを自動化する

ユーザーのデータスクリプトを使用するか、ローカルまたはリモートでPowerShellコマンドを実行することで、AWS環境またはその他のクラウド環境で実行されているLinuxサーバー上にアドバンストサーバーアクセスのサーバーツールを自動的にインストールできます。

次の手順