macOSデバイスでOkta Verifyアカウントを管理する

macOSデバイスでOkta Verifyの初期セットアップした後、新しいアカウントの追加や、不要になったアカウントの削除を行うことができます。

管理者への注意:Okta Verify for macOSはOkta Identity Engineでのみ入手できます。

Oktaで保護されたアプリにアクセスしてアカウントを追加する

Oktaの保護対象アプリにmacOSデバイスからアクセスし、Sign in with Okta FastPass(Okta FastPassでサインインする)]を選択すると、Okta Verifyはアカウントの有無を確認します。まだアカウントを持っていないときは、アプリのセットアップウィザードが示す手順に従います。

タッチIDまたはパスワード確認を有効化または更新する

Okta Verifyを開き、自分のアカウントをクリックします。トグルをクリックして[Touch ID or password confirmation(タッチIDまたはパスワード確認)]のオン/オフを切り替えます。この検証方式が必須の場合、オフにすることはできません。

Okta VerifyのタッチIDまたはパスワードの設定がデバイスの設定と同期していないときは、プロンプトに従って問題に対処します。

Okta FastPass認証のデフォルトアカウントを設定する

複数のOkta Verifyアカウントがあるときは、最も使用頻度の高いアカウントをOkta FastPassのデフォルトとして設定できます。デフォルトアカウントは変更可能です。

Okta Verifyを開き、アカウントをクリックします。[Set as default for Okta FastPass(Okta FastPassのデフォルトに設定する)]リンクをクリックします。[Account Details(アカウントの詳細)]ページの右上端に[Default for Okta FastPass(Okta FastPassのデフォルト)]インジケーターが表示される場合、選択したアカウントはすでにデフォルトとして設定されています。

アカウントを再登録する

管理者がOkta Verifyオーセンティケーターをリセットした場合、ユーザーはOkta Verifyアカウントを再登録できます。[Account details(アカウントの詳細)]ページで[Re-enroll(再登録)]をクリックし、手順に従います。

アカウントを削除する

Okta Verifyを開き、削除するアカウントをクリックします。[Remove account(アカウントの削除)]をクリックし、プロンプトに従います。

関連項目