iOSデバイスでOkta FastPassをセットアップする

Okta FastPassを利用することで、パスワードを入力することなく、Oktaで保護されたアプリに安全にアクセスできます。

管理者への注意:この機能は、Okta Identity Engineでのみ利用可能です。

組織からOkta FastPassのセットアップを求められ、[Account Details(アカウントの詳細)]ページでこのオプションを利用できないときは、別のデバイスから組織のアプリダッシュボードに移動します。自分の名前の横にある矢印をクリックして[Settings(設定)][Okta Verify]を順に選択し、[Set up(セットアップ)]をクリックします。手順に従って新しいOkta Verifyアカウントをデバイスに追加します。Okta FastPassの新規アカウントが追加されます。

  1. Okta Verifyを開き、自分のアカウントをタップします。
  2. [Account Details(アカウントの詳細)]ページで[Ways to Sign In(サインイン方法)][Okta FastPass]に移動します。

    アプリへのサインイン方法としてデバイスをセットアップする

  3. [Set Up(セットアップ)]をタップし、手順に従います。

Okta FastPassを使ってOktaの保護対象アプリにサインインできるようになります。

同じ組織内にOkta FastPassを使用するPassOkta Verifyアカウントが他にもある場合は、Okta FastPassを使ってアプリにサインインする際にどのアカウントを使用するかを選択できます。「iOSデバイスでデフォルトのOkta FastPassアカウントを設定する」を参照してください。

関連トピック

iOSデバイスでOkta Verifyアカウントの詳細を確認する

iOSデバイスでOkta Verifyアカウントを管理する