ログのストレージについて

Access Gatewayインスタンスは、ベースのオペレーティングシステム、構成の設定、ログストレージなど、複数の用途でディスクを使用します。Access Gateway Admin UIコンソールは、ディスク使用率、グローバルログ詳細度を設定するアクセス権、アプリケーション詳細ステートなどに関する情報を提供します。

ディスク使用率は[Backup and Logs(バックアップとログ)] > [Log Storage(ログのストレージ)]で以下のように表示されます:

  • クラスターメンバーのディスク使用量。
  • ディスクの全容量と空き容量。
  • ログファイルに使用されているディスク容量。
  • OSおよび構成など、ログファイル以外の用途で使用されているディスク容量。
  • ディスクの空き容量。

ページは以下のようになります:

[Log Storage(ログのストレージ)]ページは、以下の用途でも使用できます:

  • システムログのダウンロード。ログのダウンロードを参照。
  • システム全体のログレベルの構成。ログ詳細度の管理 を参照。
  • アプリケーション詳細度の[View(表示)]をクリックしてアプリケーション固有のログレベルを表示。

関連項目

Access Gatewayのロギングについて

Access Gatewayログについて

ログ詳細度の管理

ログフォワーダーの構成