ネットワークインターフェイスについて

Access Gateway仮想アプライアンスはネットワークインターフェイスを使用して通信します。デフォルトで、Access Gatewayには定義済みのインターフェイスが1つ搭載されています。しかし、インターフェイスは追加することができます。Access Gatewayは通信に1つ以上のインターフェイスを必要とし、10個までサポートします。

Access Gatewayではeth0は必須ですが、eth9までサポートします。

以下の用途でネットワークインターフェイスを使用できます:

  • 管理トラフィックをルーティングする - Access Gatewayのコマンドラインコンソールや管理コンソールへのアクセスなど、管理用の接続に特定のインターフェイスを定義。
  • アプリケーショントラフィックをルーティングする - Access Gateway用に、保護されたアプリケーショントラフィックへの特定のインターフェイスや、外部トラフィック向けの別のネットワークインターフェイスを使用。
  • モニタリングトラフィックをルーティングする - ログ転送、SNMP モニタリング、または関連するトラフィックに特化した専用インターフェイスを使用。
  • 特別な目的のトラフィックをルーティングする - LDAPやデータベースアクセスなど、特定のトラフィック向けに専用のインターフェイスを使用。
  • スループットを向上する - ネットワークインターフェイスを集約して(NIC ボンディングと呼ばれるプロセス)、単独の論理インターフェイスよりもネットワークトラフィックを向上。

ネットワークインターフェイスの定義

ネットワークインターフェイスの定義は仮想環境によって異なります。

  • AWS EC2ではエラスティック ネットワークインターフェイスという概念が採用されています。エラスティック ネットワークインターフェイスは論理ネットワークコンポーネントであり、定義された後はAccess Gatewayのインスタンスにアタッチされます。この時点では、仮想ネットワークカードとして機能します。エラスティック インターフェイスは構成を維持したままインスタンスからのアタッチおよびデタッチが可能です。Access Gatewayのインスタンスを基にしてAWS EC2を作成する場合、エラスティック ネットワークインターフェイスを作成する必要があります。
  • Microsoft Azureでは仮想ネットワークインターフェイスの概念がサポートされています。Azureネットワークインターフェイスでは、VMはインターネット、Azure、およびAzureベースのサーバーとの通信が可能になっています。デフォルトでは、各仮想マシンにつき1つのインターフェイスが作成されますが、追加のインターフェイスを有効にしたり追加したりできます。
  • Oracle Virtual Boxは最大4つのネットワークインターフェイス アダプターをサポートします。デフォルトでは、1つのインターフェイスのみ定義されていますが、VM設定の[Network(ネットワーク)]タブを使用して追加のインターフェイスを有効にできます。
  • VMWare Fusionにはデフォルトで1つのネットワークインターフェイスが含まれ、最大10個のデバイスをサポートします。インターフェイスの性能を制限するのはホストコンピューターのみです。追加のインターフェイスは、VM の設定を使用して定義できます。
  • VMWare VSphere/ESXiネットワーキング機能は、同一ホストでの仮想マシン間の通信、異なるホスト上の仮想マシン間の通信、他の仮想マシンと物理マシン間の通信を可能にします。VMを作成する場合、単一ネットワークインターフェイスが用意されます。ただし、必要に応じて追加のネットワークインターフェイスを追加することもできます。

関連項目