JD Edwards EnterpriseOneコンソールでシングルサインオンを有効にする

JD Edwards環境でシングルサインオンを有効にするには:

  1. JD Edwards EnterpriseOne Server Manager Managementコンソールに管理者としてログインします。
  2. [Select Instance(インスタンスを選択)]で、[EnterpriseOne HTML Server]を選択します。
  3. [Configuration(構成)]タイルで、[View as Advanced(詳細を表示)]を選択して[Security(セキュリティ)]をクリックします。
  4. [Enable Oracle Access Manager(Oracle Access Managerを有効にする)]チェックボックスを選択し、[Oracle Access Manager Sign-Off URL]フィールドに
    https://jde-internal.example.com/spgwLogoutと入力します。
    [Security Server Configuration(セキュリティサーバーの構成)]セクションで、[Apply(適用)]をクリックします。
  5. [Select Instance(インスタンスを選択)]で、[EnterpriseOne HTML Server]を選択します。
  6. [Stop(停止)]をクリックして管理するインスタンスを停止できるか確認します。
    Webサーバー構成ファイル(jas.ini)が最新でないというメッセージが表示された場合、[Synchronize Configuration(構成の同期)]をクリックします。
  7. [ Start(開始)]をクリックして管理するインスタンスを開始できるか確認します。