内部使用アプリケーションを隠す

このタスクは、Access GatewayおよびSAMLアプリケーションを非表示にします。

Okta組織内でアプリケーションを隠すには:

  1. Oktaテナントに管理者としてサインインします。
  2. Adminコンソールで、[Applications(アプリケーション)] > [Applications(アプリケーション)]の順に進みます。
  3. [Direct access to . . .(ダイレクトアクセス)]でOktaアプリを選択します。
  4. [General(一般)]タブを選択します。
  5. [Edit(編集)]をクリックします。
  6. Application settings(アプリケーションの設定)セクションのApplication visibility(アプリケーションの可視化)でDo not display application icon to users(アプリケーションのアイコンをユーザーに表示しない)を選択します。
  7. [Save(保存)]をクリックします。
  8. Access Gateway SAMLプロキシアプリケーションを作成する手順で追加したAccess Gatewayアプリケーションに対して上記の手順を繰り返します。

次の手順

SAMLパススルー アプリケーションをテストする