証明書をヘッダーアプリケーションに追加する

このタスクでは、ヘッダーアプリケーションに証明書を割り当てます。

重要事項

重要

このタスクは任意ですが、Oktaはすべてのアプリケーションに証明書を含めることを推奨します。
証明書に関する一般的な説明は、Access Gateway証明書についてを参照してください。
証明書の取得と割り当てに関する一般的なタスクフローについては、証明書の管理タスクをご覧ください。

[Next(次へ)]をクリックして証明書の割り当てをスキップし、次のタスクに進み、その他の属性を追加します。

  1. [Certificates(証明書)]タブを展開します。
    (missing or bad snippet)
  2. 任意。[Generate self-signed certificate(自己署名証明書を生成する)]をクリックします。

    自己署名証明書が作成され、自動的にアプリケーションに割り当てられます。
  3. 任意。提供された証明書の一覧から既存の証明書を選択します。
    [Search(検索)]フィールドを使用し、共通名で証明書を絞り込みます。
    先へ(>)および戻る(<)矢印を使用して利用可能な証明書をナビゲートします。

  4. [Next(次へ)]をクリックします。[Attributes(属性)]ペインが表示されます。
  5. [Attributes(属性)]ペインにアプリケーションに引き渡される属性のリストが表示されます。
    このページを使用して任意の属性の追加、編集、削除ができます。属性オプションに関する詳細はアプリケーション属性を参照してください。

  6. 必要な属性を追加し、[Next(次へ)]をクリックします。[Policies(ポリシー)]ペインが表示されます。
  7. すべてのポリシーをそのままにし、[Done(完了)]をクリックします。アプリケーションポリシーについての詳細はアプリケーションポリシーについてをご覧ください。
  8. [Next(次へ)]をクリックします。[Attributes(属性)]ペインが表示されます。