バックアップの管理

バックアップは管理が可能で、以下のような操作の実行ができます。

  • 名前の変更 - バックアップに伴う外部ラベルの名前を変更します
  • 削除 - 選択したバックアップを削除します
  • ダウンロード - 選択したバックアップを暗号化し、ローカルに(オフアプライアンスで)ダウンロードします
  • 復元 - ローカルまたはアプライアンス外ファイルを使用してAccess Gatewayを復元します。復元を実行するを参照してください。

名前の変更

  1. Access Gateway インスタンスに進みます。
  2. [Logs and Backups(ログとバックアップ)]タブを選択します。
  3. [Backups(バックアップ)]ペインを選択します
  4. 利用可能なバックアップのリストからバックアップを選択し、関連する[Actions(アクション)] > [Edit name(名前の編集)]をクリックします。
  5. [Edit Name(名前の編集)]ダイアログで、新しい名前を入力します。
  6. [Save(保存)]をクリックして変更を保存するか、[Cancel(キャンセル)]をクリックして処理を中止します。
情報

メモ

名前を変更しても復元に関連するコンテンツやタイムスタンプは影響を受けません。バックアップに関連付けられたラベルのみが変更されます。

ダウンロード

  1. Access Gateway インスタンスに進みます。
  2. [Logs and Backups(ログとバックアップ)]タブを選択します。
  3. 利用可能なバックアップのリストからバックアップを選択し、関連する[Actions(アクション)] > [Download(ダウンロード)]をクリックします。
  4. [Encrypt download(ダウンロードの暗号化)]ダイアログで、バックアップの暗号化に使用するパスワードを入力します。
    パスワードの作成バックアップの暗号化に使用するパスワードを入力します。
    パスワードの確定パスワードを再度入力します。

    ヒント

    ヒント

    目のマーク()または目に斜線のマーク()をクリックするとパスワードの表示/非表示の切り替えができます。

  5. [Continue(続行)]をクリックしてバックアップをダウンロードするか、[Cancel(キャンセル)]をクリックして処理を中止します。
  6. ファイルシステム固有の保存ダイアログを使用して、ローカルディスクにバックアップを保存します。
情報

メモ

バックアップの暗号化に使用するパスワードは保存されず、取得もできません。

削除

  1. Access Gateway インスタンスに進みます。
  2. [Logs and Backups(ログとバックアップ)]タブを選択します。
  3. [Backups(バックアップ)]ペインを選択します
  4. 利用可能なバックアップのリストからバックアップを選択し、関連する[Actions(アクション)] > [Delete(削除)]をクリックします。
  5. [Delete backup warning(バックアップの削除警告)]ダイアログの内容を確認し 、
    [Delete backup(バックアップを削除)]をクリックしてバックアップを削除するか、[Cancel(キャンセル)]をクリックして処理を中止します。
情報

メモ

いったん削除されたバックアップは元に戻せません。必ずバックアップが不要であることを確認してから削除してください。