Microsoft Azureコマンドライン インターフェイスをインストールして設定する

Access GatewayをMicrosoft Azure環境にデプロイする際は、コマンドラインインターフェイス(CLI)を使用すると多くのタスクを実行できます。多くの場合、コマンドラインインターフェイスはMicrosoft Azure GUIでサポートされないタスクをより簡単にした、スクリプト可能なサポートタスクです。

開始する前に

以下が用意されていることを確認します:

  • Microsoft Azureアカウント
  • Windows、Linux、Apple OSXなどサポートされるコマンドライン環境へのアクセス権

Microsoft Azureコマンドライン インターフェイスをインストールする

Microsoftコマンドライン インターフェイスを様々な環境にインストールできます。

重要事項

重要

Microsoft Azure CLIのインストールプロセスはMicrosoft Corporationによって管理され、変更される可能性があります。このページはガイドとしての使用を意図しています。コマンドライン インターフェイスやその他同類のトピックについては、Microsoft Azureの資料を参照してください。

  1. Microsoft Azure CLIの概要ページに進みます。
  2. [Download(ダウンロード)]セクションで、適切な環境を選択します。
  3. ダウンロードを実行し、お使いの環境に適したスクリプトをインストールします。
    Mac OSXの場合:
    brew update && brew install azure-cli

    Windows 10で管理者としてPowerShellを使用する場合:

    Invoke-WebRequest -Uri https://aka.ms/installazurecliwindows -OutFile .\AzureCLI.msi; Start-Process msiexec.exe -Wait -ArgumentList '/I AzureCLI.msi /quiet'

Azure環境を設定する

使用するにはMicrosoft Azure CLI環境にサインインする必要があります。

  1. Microsoft Azure環境で、以下を使用してサインインします:

    az login

  2. ブラウザーが開き、Microsoft Azureサインインページに移動します。適切な資格情報を使用してサインインします。
  3. サインインに成功すると、以下のような結果が表示されます:

    You have logged in. Now let us find all the subscriptions to which you have access... [{ "cloudName": "AzureCloud", "id": "a937247b-. . . ", "isDefault": true, "name": "Azure subscription", "state": "Enabled", "tenantId": "f1f9fcc4-. . . ", "user": {  "name":"your.user@tld", "type":"user" } }]