リソースグループを定義する

Microsoft Azureは関連するリソースを含めるリソースグループを使用します。Access Gateway VMおよびディスクは同じリソースグループ内で作成される必要があります。

  1. Microsoft Azure Portalにサインインします。
  2. メニューから[Resource Groups(リソースグループ)]を選択します。
  3. [Add(追加)]をクリックして新しいリソースグループを追加します。
  4. [Basic(基本)]ペインで、名前を入力し、グループを格納するのに適したリージョンを選択します。
    複数のサブスクリプションがある場合、サブスクリプションを選択する必要があります。

  5. [Review + create(確認して作成)]をクリックします。
  6. [Create(作成)]をクリックします。
  1. Microsoft Azureコマンドライン インターフェイスに戻ってサインインします。
    az login
  2. az account list-locationsコマンドを使用してすべての既知の場所をリスト表示し、1つ選択します。
     az account list-locations 

    以下のような出力が返されます:
    [{
    "displayName": "East US",
    . . . "name": "eastus",
    },{. . . }]

    リストから、nameフィールドで識別される適切なリージョンを選択します。

  3. az group create コマンドを使用して任意の地域にリソースを作成します:
    az group create -l <location> -n <name>

    ここで:
    • <location>はリージョンコード。
    • <name>は適切な名前。

    例:
    az group create -l eastus -n AccessGateway

    Which provides the following results:
    {
    "id": "/subscriptions/. . . /resourceGroups/AccessGateway",
    "location": "eastus",
    "managedBy": null,
    "name": "AccessGateway", . . .
    "type": "Microsoft.Resources/resourceGroups"
    }