ディスクをホストする一時VMを作成する

ディスクを作成する目的でMicrosoft Azure仮想マシンを作成します。

  1. Microsoft Azure Portalに戻るかサインインします。
  2. メニューから[All Services(すべてのサービス)]を選択して[Virtual Machines(仮想マシン)]を検索します。
    または、お気に入りのリストから[Virtual Machines(仮想マシン)]を選択することもできます。
  3. [Add(追加)]をクリックします。
  4. [Create a virtual machine(仮想マシンの作成)]ページで:
    • [Resource group(リソースグループ)]ドロップダウンボックスからリソースグループを選択します。
    • [Virtual machine(仮想マシン)]フィールドに、新しいVMの名前を入力します(Upload-OAG-VHDなど)。
    • [Region(リージョン)]フィールドで、事前に作成した管理対象ディスクを含めるリージョンを選択します。
    • [Image(イメージ)]ドロップダウンボックスから、Ubunto Server 18.04 LTSを選択します。
    • [Size(サイズ)]で、Standard D2s V3を選択します。
    • [Administrator Account(管理者アカウント)]セクションで、以下を選択します:
      • 認証タイプ:パスワード
      • ユーザー名:okta
      • パスワード:AlwaysOn@123
      • パスワードの確認: AlwaysOn@123
      メモ

      メモ

      提示したユーザー名とパスワードは説明目的です。

  5. [Inbound Port rules(受信ポートのルール)]セクションまでスクロールし、[Select inbound ports(受信ポートを選択)]フィールドが ssh(22)に設定されていることを確認します。
  6. [Next: Disks(次の手順:ディスク)]> をクリックします。
  7. [Create and attach a new disk(新しいディスクを作成して添付)]をクリックします。
  8. [Change disk size(ディスク容量の変更)]をクリックして512gbを選択します。
  9. その他のフィールドは変更せずに、[OK]をクリックします。
  10. [Next: Networking(次の手順:ネットワーキング)]> をクリックします。
  11. [Select inbound ports(受信ポートを選択)]ssh(22)に設定されていることを確認します。
  12. [Create and review(作成およびレビュー)]をクリックし、検証プロセスが完了するまで待ちます。
  13. [Create(作成)]をクリックします。
  14. [Deployment is Complete(デプロイメントが完了)]が表示されたら、[Goto Resource(リソースに進む)]をクリックします。
  15. 新しいVMを調べ、外部IP アドレスをメモします。

  1. az vm createコマンドを使用してVM を作成します:
     az vm create --name <name> --resource-group <resource-group> --location <region> \ --image "ubuntults" --size "Standard_D2s_v3" --data-disk-sizes-gb 500 \ --authentication-type "password" --admin-username "okta" --admin-password "AlwaysOn@123"

    ここで:
    • <name> は適切な名前
    • <region>はVMが格納されているリージョン
    • <name-of-vm>はVMの名前
    • <virtual-disk>はVMに関連付けられた仮想ディスクの名前
    • <resource-group>はVMを格納するために事前作成したリソースグループの名前

    例:

     az vm create --name "Upload-OAG-VHD" \ --resource-group "AccessGateway" --location "eastus" --image "ubuntults" \ --size "Standard_D2s_v3" --data-disk-sizes-gb 500 \ --authentication-type "password" --admin-username "okta" --admin-password "AlwaysOn@123

    以下のような結果が生成されます:

     --running
    . . . {- Finished .. "fqdns": "", "id": "/subscriptions/. . . /resourceGroups/AccessGateway/providers/Microsoft.Compute/virtualMachines/Upload-OAG-VHD", "location": "eastus2", "macAddress": "00-0D-3A-E4-AB-31", "powerState": "VM running", "privateIpAddress": "10.0.0.4", "publicIpAddress": "40.79.32.220", "resourceGroup": "AccessGateway", "zones": "" }

    結果を調べ、外部IP アドレスを確認します。