Access Gatewayデプロイメントについて

Okta Access Gatewayを自社がホストするソリューションまたはクラウドベースのプラットフォーム(AWSなど)へのデプロイは、明確な定義を要するプロセスです。Access Gatewayは選択したホスティングソリューション内にインストールされる高パフォーマンスのアプライアンスです。DNSおよびネットワーキングソリューションを活用してアプリケーションとサービスを保護します。Access Gatewayは既存のソリューションを活用するため、インストールの一部として実施すべき特別なタスクが存在します。

Access Gatewayを環境にデプロイするタスクには以下が含まれます:

  1. Access Gatewayデプロイメントの前提条件で詳しく説明されているサイジングや容量計画など、すべての前提条件タスクを確認します。
  2. Access Gatewayバーチャルアプライアンスに適したホスティング環境を選択します。
    サポート対象テクノロジーには、サポートされているテクノロジーとバーチャル環境のすべてが説明されています。
  3. 最新のOVAをダウンロードし、インストールします。選択した環境によって、Access Gatewayのデプロイメントと設定は異なります。サポートされるバーチャル環境のすべてのリストについては、Access Gatewayのデプロイメントを管理するをご覧ください。
  4. デプロイ後のタスクで説明するように、インストール後に必要な初期化タスクを実行します。

関連項目