アップグレードのトラブルシューティング

Access Gatewayアップグレードプロセスに関する一般的な問題とトラブルシューティングの解決策

項目

2019.2.0バージョンからのアップグレード

Access Gateway 2019.2.0からアップデートする場合、まずoracle-instantclient18.3-basicパッケージを削除する必要があります。

パッケージを削除するには:

  1. Access Gateway Managementコンソールにサインインします。
  2. [System(システム)]メニューを選択します。
  3. [Remove Package(パッケージを削除する)]を選択します。
  4. oracle-instantclient18.3-basicを削除します。
  5. [System(システム)]メニューに戻り、[Update(アップデート)]を選択します。
  6. 通常通りアップデートを進めます。

yum.oag.okta.comへのアクセスでエラーが発生

Access Gateway yumレポジトリにアクセスできない場合、以下のようなアップグレードエラーを受信します:

アップグレードされるAccess Gatewayノードからレポジトリ「yum.oag.okta.com」にアクセスできるか確認します。様々なコマンドを使用してアクセスをテストできます。

Access Gateway Managementコンソールを使用して、[Network(ネットワーク)]に進み、[d]を選択してyum.oag.okta.comと入力します。
例:

Access Gateway Administration ... 1 - Network ... Choice: 1 [cr] Access Gateway Network Setup . . . 1 - Manage network interfaces . . . d - DNS Lookup Choice: d [cr] IP Address/Hostname to lookup: yum.oag.okta.com [cr] IP Address/Hostname of DNS server: 8.8.8.8 [cr] Server: 8.8.8.8 Address: 8.8.8.8 Non-authoritative answer: yum.oag.okta.com canonical name = yumalb-531408569.us-west-2.elb.amazonaws.com. Name: yumalb-531408569.us-west-2.elb.amazonaws.com Address: 52.35.178.214 Name: yumalb-531408569.us-west-2.elb.amazonaws.com Address: 54.68.110.208

trancerouteを使用して、Access Gatewayをホストするネットワーク内からyum.oag.okta.comへのルートがあることを確認します。
AWS EC2設定の制約により、tracerouteyum.oag.okta.comへの完全ルートをトレースできないことに注目してください。
例::

traceroute yum.oag.okta.com . . . traceroute to yum. . . .amazonaws.com (. . . ), 64 hops max, 52 byte packets 1 10.0.0.1 (10.0.0.1) 5.436 ms 2.345 ms 1.925 ms 2 96.120.70.225 (96.120.70.225) 25.870 ms 11.372 ms 11.922 ms 3 96.110.31.121 (96.110.31.121) 11.035 ms 12.135 ms 11.204 ms 4 be-319-ar01.needham.ma.boston.comcast.net (96.108.47.81) 20.129 ms 13.427 ms 14.012 ms 5 be-32031-cs03.newyork.ny.ibone.comcast.net (96.110.42.9) 22.085 ms 6 be-32021-cs02.newyork.ny.ibone.comcast.net (96.110.42.5) 22.305 ms . . . <ctrl-c> 

メモ

メモ

デフォルトではtracerouteコマンドはAccess Gatewayにインストールされません。

関連項目