Office 365をユーザーおよびグループに割り当てる

アプリまたはディレクトリーから、Office 365をグループおよび個別のユーザーに割り当てることができます。プロビジョニングにOktaを使用している場合は、割り当て時にライセンスとロールをユーザーとグループに割り当てることもできます。

OktaからOffice 365へのプロビジョニングをセットアップしていて、ユーザーとグループにアプリを割り当てる前に[ユーザーを作成]プロビジョニング機能を有効にした場合、アプリの割り当て時にユーザー・アカウントが作成されます。ユーザーがOffice 365にすでに存在する場合、Oktaによってユーザー・プロファイルが照合され、関係が維持されます。Office 365のユーザーにライセンスとロールを割り当てることもできます。これにより、エンド・ユーザーが直接ログインできるように、完全に機能するアカウントをプロビジョニングする機能が完全に自動化されます。

開始する前に

ユーザーをOffice 365にプロビジョニングする」を完了します。

このタスクを開始する

次のいずれかの方法を選択して、Office 365アプリをユーザーとグループに割り当てることができます。

情報

このアクションがシステム全体に適用されるまで、数分、または場合によっては数時間かかる場合があります。

アプリからOffice 365を割り当てる

個別のユーザーに割り当てる

  1. [Office 365] > [割り当て] > [割り当て] > [ユーザーに割り当てる]に移動します。
  2. 目的のユーザーを検索します。
  3. 目的のユーザーの[割り当て]をクリックします。
  4. [割り当て]ダイアログで、その他の必要な情報を入力します。

    この情報は、選択したシングル・サインオンの方法とプロビジョニングによって異なります。

グループに割り当てる

  1. [Office 365] > [割り当て] > [割り当て] > [グループに割り当てる]に移動します。
  2. 目的のグループを検索します。
  3. グループの前にある[割り当て]をクリックします。
  4. [割り当て]ダイアログで、その他の必要な情報を入力します。

    この情報は、選択したシングル・サインオンの方法とプロビジョニングによって異なります。

ディレクトリーからOffice 365を割り当てる

個別のユーザーに割り当てる

  1. [ディレクトリー] > [ユーザー]で、目的のユーザー・プロファイルを開きます。
  2. [アプリケーション] > [アプリケーションを割り当て]で、目的のアプリを検索します。
  3. 目的のアプリの[割り当て]をクリックします。
  4. [割り当て]ダイアログで、その他の必要な情報を入力します。

    この情報は、選択したシングル・サインオンの方法とプロビジョニングによって異なります。

グループに割り当てる

  1. [ディレクトリー] > [グループ]で、目的のグループ・プロファイルを開きます。
  2. [アプリを管理]をクリックして、目的のアプリを検索します。
  3. 目的のアプリの[割り当て]をクリックします。
  4. [割り当て]ダイアログで、その他の必要な情報を入力します。

    この情報は、選択したシングル・サインオンの方法とプロビジョニングによって異なります。

次の手順

アプリ・サインオン・ポリシーを使用してOffice 365を保護する