Map custom attributes

デフォルトのプロファイルに含まれていないカスタム属性をマップできます。 proxyAddresses 属性を例として使用して、次の手順では、カスタム属性をマップする方法について説明します。

この手順を開始する

カスタム属性をマップするには、次のことを行う必要があります。

1. Add a custom attribute to your Okta Active Directory profile

  1. 管理コンソールで、 ディレクトリ > プロファイルエディタ > ディレクトリ に移動し、目的のADプロファイルを選択します。

  2. In the Profile Editor, click the Add Attribute button.

    スキーマ属性の選択 画面が開きます。

  1. proxyAddresses 属性を検索し、選択します。

  2. [保存]をクリックします。

2. Add the Attribute to your Office 365 App Profile

  1. In the Admin Console, go to Directory > Profile Editor > Apps and select the Office 365 profile.

  2. In the Profile Editor, click the Add Attribute button.

    The Pick Schema Attributes screen opens.

  1. ProxyAddresses 属性を検索し、選択します。
  2. [保存]をクリックします。

3. Map from Okta to Office 365

  1. Microsoft Office 365プロファイルエディターで、 マッピングをクリックします。

    Microsoft Office 365 ユーザープロファイルマッピング 画面が開きます。

  1. Okta to Microsoft Office 365 タブを選択します。
  2. 下にスクロールして、 proxyAddresses 属性に次の式を入力します。

    hasDirectoryUser()?findDirectoryUser()。proxyAddresses:null

  3. [マッピングを保存]をクリックします。

  4. [ 今すぐ更新を適用] を選択して、新しいマッピングがこのプロファイルを持つすべてのユーザーに適用されるようにします。

関連項目