Office 365サインオンルールの作成

この項目では、Office 365アプリのサインオン・ポリシー用にサインオン・ルールを作成する方法について説明します。

開始する前に

次のドキュメントをお読みください。

このタスクを開始する

Okta Admin Consoleで、

  1. [Applications(アプリケーション)]>[Applications(アプリケーション)]に移動します。
  2. サインオンポリシーを作成したいアプリをクリックします。
  3. [Sign On(サインオン)]タブをクリックし、[Sign On Policy(サインオン・ポリシー)]セクションまで下にスクロールします。
  4. [Add Rule(ルールを追加)]をクリックします。<MadCap:conditionalText data-mc-conditions="MultiProdPublish.Core">[App Sign On Rule(アプリのサインオン・ルール)]ウィンドウがポップアップ表示されます。</MadCap:conditionalText>
  5. ルールにわかりやすい名前を付けます。
  6. ルールが適用される条件と、ルールが適用されたときに実行されるアクションを構成します。「Office 365サインオンルールのオプション」を参照してください。
  7. [Save(保存)]をクリックします。

  8. 新しいルールごとに<MadCap:conditionalText data-mc-conditions="MultiProdPublish.Core">4-8</MadCap:conditionalText>の手順を繰り返します。

ルールに優先順位を付ける

ルールの優先度を指定するには、優先度番号を設定します。たとえば、優先度の値が1のルールは、優先度が一番高くなり、ほかのすべてのルールより優先されます。ルールの優先度を設定するには、ルールの横にある青い矢印をクリックして上下に移動します。

ルールを管理する

  • ルールを編集:鉛筆アイコンをクリックします。
  • ルールを無効化:鉛筆アイコンをクリックしてルールを開きます。次に、[Rule Name(ルール名)]の下にある[Disable Rule(ルールを無効化)]オプションを選択します。
  • ルールを削除:Xアイコンをクリックします。

次の手順

Office 365サインオンポリシーでカスタムクライアントを許可または拒否する