Okta People PickerとOkta認証をアンインストールする

このトピックでは、Okta SharePoint People PickerエージェントとOkta認証をアンインストールする方法について説明します。

この手順を開始する

この手順には次のタスクが含まれます。

1. Okta SharePoint People Pickerエージェントをアンインストールする

  1. Oktaの信頼できるIDプロバイダーを無効にします。

    SharePointの[サーバーの全体管理]コンソールから、[一般的なセキュリティ] > [認証プロバイダーの指定] > [領域](デフォルト)に移動します。

  2. 後で使用するために、SharePointの[ソリューション管理]コンソールから、People Pickerのソリューション名をメモしておきます。

    SharePointの[サーバーの全体管理]コンソールから、[ファーム ソリューションの管理] > [システム設定]に移動します。

  3. 次の2つのPowerShellコマンドを使用して、IISをリセットし、People Pickerソリューションをアンインストールします。

    $name = 'OktaClaimsProvider.OktaClaimsProvider'

    $cp = Get-SPClaimProvider | Where-Object {$_.TypeName -eq $name}

    Remove-SPClaimProvider $cp

  4. 次のコマンドを実行し、Oktaがリストにないことを確認して、Okta SharePoint People Pickerエージェントが削除されたことを確認します。

    Get-SPClaimProvider

  5. 次のPowerShellコマンドを使用して、People Picker SharePointソリューションを削除します。

    People PickerソリューションのWSP名を、先ほどメモしたソリューション名を使用して入力します。

    Uninstall-SPSolution -Identity "OktaClaimsProvider2013-2.0.0.x-xxxxx.wsp"

  6. SharePointの[サーバーの全体管理]コンソールから、アンインストールを確認します。

  7. WSPファイルが[未デプロイ]になっていて、アンインストールに関するトラブルシューティング・エラーがないことを確認します。

  8. 次のPowerShellコマンドを入力して、SharePoint People Pickerソリューションを削除します。

    Remove-SPSolution -Identity "OktaClaimsProvider2013-2.0.0.x-xxxxx.wsp"

  9. People Pickerソリューションが、SharePointの[サーバーの全体管理]コンソールに表示されなくなったことを確認します。

2. Okta認証をアンインストールする

Okta SharePoint People Pickerエージェントを削除した後に、認証クレーム・プロバイダーとしてのOktaを削除できます。

  1. 次のPowerShellコマンドを入力します。

    Remove-SPTrustedIdentityTokenIssuer –Identity "Okta"

  2. アンインストールを確認します。

    SharePointの[サーバーの全体管理]コンソールで、[認証プロバイダー]ページに移動し、Oktaがリストからなくなっていることを確認します。

次も参照