デフォルトデスクトップシングルサインオンIDプロバイダーのルーティング ルールの更新

このステップを完了するには、既にIDプロバイダー設定がある必要があります。

デスクトップSSOをオンにした後、デフォルトDSSOルーティングルールが作成されます。このルールのネットワーク情報を設定する必要があります。

  1. 管理コンソールで、[セキュリティー] > に移動します IDプロバイダーの> ルーティング ルール
  2. AgentlessDSSOへのデフォルトルーティングルールを選択します。デフォルトではネットワーク情報は設定されず、ルールはInactive(非アクティブ)です。
  3. [Edit(編集)]をクリックします。
  4. 以下のフィールドに入力します。
    • User's IP is(ユーザーのIPは): ルールをどこのユーザー場所にも適用するには[Anywhere(どこでも)]を、特定のゾーンに適用するには[In zone(ゾーン内)]を、 特定のゾーン外に適用するには[Not in zone(ゾーン外)] を選択します。ゾーンについて詳しくは、IPゾーンをご覧ください。
    • User's device platform is(ユーザーのデバイスプラットホームは): ルールをどのデバイスタイプのユーザーにも適用するには[Any device(どのデバイスにも)] を、特定のデバイスを選択するには[Any of these devices(これらのデバイスのどれにも)] を選択します。
    • User is accessing(ユーザーがアクセス中):ユーザーがどのアプリケーションにアクセス中にもルールを適用するには[Any application(どのアプリケーションでも)] を、ユーザーが特定のアプリケーションにアクセス中にルールを適用するには[Any of the following applications(次のどのアプリケーションでも)] を選択してからアプリケーション名を入力します。
    • Use this identity provider(このIDプロバイダーを使用)AgentlessDSSOを選択します。
  5. [Update Rule(ルールを更新)]をクリックして変更を保存します。
  6. [Activate Rule(ルールをアクティベート)] ダイアログ ボックスで [Inactive(非アクティブ)][Activate(アクティブ)][Activate(アクティベート)] の順にクリックして、ルールをアクティベートします。

次のステップ

エージェントレスデスクトップ シングル サインオン設定の検証