エージェントレスデスクトップシングルサインオン設定を移行する

2019年8月30日よりも前のエージェントレスデスクトップシングルサインオンの早期アクセス(EA)バージョンを実装した場合、その設定を移行する必要があります。この機能を2019年9月1日以降に初めて実装する場合、エージェントレスデスクトップ シングル サインオンを設定するを参照してください。

以下の場合には、エージェントレスデスクトップ シングル サインオンの設定を移行する必要があります。

  • リリース2019.09.0以前のエージェントレスDSSOの早期アクセスバージョンを実装している。
  • OktaでKerberos設定を持つエージェントレスDSSOを使用している。

  • デスクトップSSOモードがオンで、移行する必要があるというメッセージが表示された。これが該当するかを見るには、 Oktaインスタンスを開いて、[Security(セキュリティ)] >[ Delegated Authentication(代理認証)]をクリックします。[Agentless Desktop SSO(エージェントレスデスクトップSSO)] にスクロールし、[Desktop SSO mode(デスクトップSSOモード)][On(オン)] が選択されており、新しい推奨設定への移行が必要であることを示すメッセージが表示されていることを確認してください。

項目