LDAP統合の前提条件

LDAP統合を開始する前に、以下を確認してください。

  • エージェントをOkta orgに接続するためのOktaスーパー管理者アカウント。
  • エージェントからLDAPディレクトリへのバインドおよびクエリを実行するLDAPユーザー。このユーザーは、ディレクトリ情報ツリー(DIT)でユーザー、グループ、およびロールを検索できる必要があります。
  • [modifyTimestamp]属性のインデックスがLDAPサーバーで作成されていること。これにより、増分インポートのパフォーマンスが向上します。

エージェントの要件

WindowsまたはLinuxのエージェントを使用して、LDAPをOkta orgに接続できます。バージョン4.x以前のエージェントからバージョン5.xエージェントにアップグレードする場合は、新しいエージェントをインストールする前に古いエージェントをアンインストールしてください。

Windowsエージェントの要件

  • ホストサーバーには、Windows Server 2012、Windows server 2012 R2、Windows Server 2016、Windows Server 2019、またはWindows server 2022をインストールすることをお勧めします。
  • WindowsサーバーでLDAPホストとポートにアクセスできる必要があります。
  • Windows ServerでIE 10以降を実行している必要があります。
  • 次のregkey設定でTLS1.2セキュリティプロトコルを有効にする必要があります。

    [HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\SecurityProviders\SCHANNEL\Protocols\TLS 1.2\Server] "Enabled"=dword:00000001

    [HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\SecurityProviders\SCHANNEL\Protocols\TLS 1.2\Server] "DisabledByDefault"=dword:00000000

    [HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\SecurityProviders\SCHANNEL\Protocols\TLS 1.2\Client] "Enabled"=dword:00000001

    [HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\SecurityProviders\SCHANNEL\Protocols\TLS 1.2\Client] "DisabledByDefault"=dword:00000000

Linuxエージェントの要件

  • LinuxベースのエージェントをRPM対応のLinuxディストリビューション(CentOSやRed Hatなど)にインストールする必要があります。
  • DPKG対応のLinuxディストリビューション(DebianやUbuntuなど)もサポート対象です。