DocuSignとOktaの統合

  1. DocuSign APIのアカウントIDを確認し、記録します。
    1. 管理者権限でDocuSignインスタンスにサインインします。
    2. 一番上のリボンで[Settings (設定)]を選択します。[Settings (設定)]が利用できない場合は、メニューをクリックして「eSignature」を選択します。
    3. [Integrations (統合)]の下の左メニューで、[Apps and Keys (アプリとキー)]をクリックします。
    4. [API Account ID (APIアカウントID)]フィールドの値をコピーします。
  2. DocuSignアプリをすでにOktaに追加している場合は、手順3に進みます。まだ追加していない場合は、今すぐ追加してください。
    1. 管理コンソールで、[アプリケーション] > に移動します。[Applications(アプリケーション)]に移動します。
    2. [Add Application(アプリケーションの追加)]をクリックします。
    3. [Search (検索)]フィールドに「DocuSign」と入力し、「DocuSign」を選択します。
    4. [Add (追加)]を選択します。
    5. [General Settings(一般設定)]ページのフィールドに入力し、[Next(次へ)]をクリックします。
    6. [Sign-On Options(サインオン オプション)]ペインの[Sign On Methods(サインオン方法)]で、サインオンのオプションを選択します。SAML 1.1またはSAML 2.0を選択した場合、[View Setup Instructions(セットアップ手順を表示)]をクリックして指示に従います。
    7. [Done(完了)]をクリックします。
  3. 管理コンソールで、[Applications (アプリケーション)]に進み、アプリケーションのリストから「DocuSign」を選択します。
  4. [Provisioning(プロビジョニング)]タブを選択し、[Configure API Integration(API統合を構成)]をクリックして[Enable API Integration(Okta API統合を有効化)]チェックボックスを選択します。
  5. [API Account ID (APIアカウントID)]フィールドに、手順1でコピーしたAPI アカウントIDを入力します。

    DocuSignの認証時に表示されるエラーメッセージは通常、APIアカウントIDが間違っていることが原因です。APIアカウントIDとDocuSign管理者の認証情報が一致していることを確認してください。

  6. 認証トークンを生成します。
    1. [Authenticate with DocuSign (DocuSignで認証)]をクリックします。
    2. プロンプトが表示されたら[Accept (承諾)]をクリックします。
    3. 必要に応じて、メールアドレスを入力し、[CONTINUE (続行)]をクリックします。
    4. 必要に応じて、パスワードを入力し、[LOGIN (ログイン)] をクリックします。
  7. 任意。グループをインポートしない場合は、[Import Groups (グループをインポート)]チェックボックスをオフにします。
  8. [保存]をクリックします。

  9. 任意。OktaをDocuSignプロビジョニング設定に変更します。

    1. [Provisioning(プロビジョニング)]タブをクリックして[SETTINGS(設定)]リストから[To App(アプリへ)]を選択します。
    2. [Edit(編集)]をクリックします。
    3. [Create Users(ユーザーを作成)][Update User Attributes(ユーザー属性をアップデート)][Deactivate Users(ユーザーを非アクティブ化)]の順に選択して機能を有効化します。
    1. [Save(保存)]をクリックします。
  10. 任意。DocuSignをOktaプロビジョニング設定に変更します。
    1. [Provisioning(プロビジョニング)]タブをクリックして[SETTINGS(設定)]リストから[To Okta(Oktaへ)]を選択します。
    2. [General(一般)][User Creation& Matching(ユーザー作成および照合)]、または [Import Safeguard(インポート セーフガード)]エリアで[Edit(編集)]をクリックして設定を編集します
    1. [Save(保存)]をクリックします。
  11. 任意。ユーザーをDocuSignアプリに割り当てます。アプリケーションをユーザーに割り当てを参照。

    DocuSignアプリをユーザーに割り当てる際に、封筒を送れるかどうかを指示したり、権限を特定したりすることができます。

  12. 任意。カスタムアプリ属性の追加アプリ、ディレクトリ、およびIDプロバイダーにカスタム属性を追加を参照。