個人の割り当てからグループへの割り当てに変換する

ユーザーアプリの統合アクセスやユーザープロファイルの属性が、個人管理からグループ管理に変換された場合、グループのメンバーに定義されたアプリの属性が継承されます。変換の対象となるには、ユーザーがアプリにも割り当てられているグループに追加されている必要があります。

アプリの割り当ては、アプリの統合の[Assignments(割り当て)]タブで変換します。

  1. Okta Admin Consoleで、[Applications(アプリケーション)]>[Applications(アプリケーション)]に移動します。
  2. [Search(検索)]フィールドにアプリの統合の名前を入力し、アプリの統合名をクリックします。
  3. [Assignments(割り当て)]タブを選択します。
  4. [Filters(フィルター)]リストから[People(ユーザー)]をクリックします。
  5. [Convert Assignments(割り当ての変換)]を選択し、以下のいずれかのオプションを選択します。
    • [Select assignments to convert(変換する割り当てを選択する)]:特定のユーザーを個人管理からグループ管理に移行するには、このオプションを選択します。個々のユーザーを選択し、[Convert selected(選択したユーザーを変換)]をクリックします。リストアップされたすべてのユーザーを変換するには、[Convert all assignments(すべての割り当てを変換)]を選択し、[Convert all(すべてを変換)]をクリックします。

    • [Convert all assignments(すべての割り当てを変換)]:このオプションを選択し、[Convert all(すべてを変換)]をクリックすると、すべてのユーザーが個人管理からグループ管理に移行します。

  6. [Assignments(割り当て)]タブで、変更されたアカウントの[Type(タイプ)]フィールドのエントリが[Group(グループ)]に設定されていることを確認できます。