SAP SuccessFactors Employee Centralでサポートされる機能

下の表はSAP SuccessFactors Employee Central統合で利用可能な機能のリストを示しています。

機能 説明
新規ユーザーをインポート

サードパーティ アプリケーションで作成されたユーザーをOktaにインポートできます。

プロファイルの更新をインポート

SAP SuccessFactors Employee Centralでユーザー プロファイルに加えられた変更を、関連するOktaユーザー プロファイルにインポートします。

ユーザー スキーマのインポートSAP SuccessFactors Employee Centralからユーザー スキーマをインポートします。
プロファイル更新のプッシュ/ライトバック機能プライマリ メールおよびプライマリ電話番号のみをアップデートできます。

プロファイル ソース

SAP SuccessFactors Employee Centralをプロファイル ソースにします。このオプションではOktaのEnterpriseまたはEnterprise Plusバージョンが必要です。

雇用前インターバル

プロファイル ソーシングが有効化されている場合、この機能はユーザーの正式な雇用開始日より前にユーザーアカウントのOktaへのインポートを許可します。インターバルとはOktaが早期インポートでSAP SuccessFactors Employee Centralのユーザーを評価する前の(SAP SuccessFactors Employee Centralユーザーで定められたワーカー/従業員日付以前の)日数です。この機能が有効化されると、Oktaは雇用前の日付かどうか判別します。インターバル内に収まる場合、ユーザーデータがOktaにインポートされ、ユーザー プロファイルがアクティブステータス付きで作成されます。

退職後インターバル

この機能は後日のSAP SuccessFactors Employee Centralユーザーの非アクティブ化を許可します。Oktaユーザー プロファイルはSAP SuccessFactors Employee Centralの終了日または退職日以降もアクティブのまま残ります。インターバルとはOktaが非アクティブ化するSAP SuccessFactors Employee Centralのユーザーを評価した後の(SAP SuccessFactors Employee Centralユーザーで定められた終了日後の)日数です。この機能が有効である場合、OktaはSAP SuccessFactors Employee Central POST退職日を評価し、ユーザーの退職または雇用終了日以降、定義された日数Oktaでアクティブのまま残ります。

関連記事