IPの動作を追加

IPの動作は、ログイン時のエンドユーザーのIPアドレスの変更点に基づいたポリシーの定義に利用できます。たとえば、エンドユーザーによる新しいIPアドレスからの認証が試行された場合にオーセンティケーターを要求するように、ポリシーを構成できます。

このタスクを開始する

  1. 管理コンソールで、[Security(セキュリティ)] > [Behavior Detection(動作検知)]の順に移動します。

  2. [Add Behavior(動作を追加)]をクリックします。
  3. ドロップダウンリストから、[IP]を選択します。
  4. [Behavior Name(動作の名前)]で動作のわかりやすい名前を入力します。
  5. [Evaluate against past(過去と照らし合わせて評価)]で、この動作の評価に使用する直近のオーセンティケーターの数を入力します。
  6. [Save(保存)]をクリックします。

次の手順

サインオンポリシー ルールに動作を追加する