ロケーション行動の追加

ロケーション行動は、ログイン時のエンドユーザーの地理的なロケーションの変化に基づいてポリシーを定義するために使用されます。たとえば、管理者は、新しい国からのエンドユーザーのログイン試行時にユーザーに2つ目のオーセンティケーターを要求し、都市が変わった場合はアクセスを許可するようにシステムを構成できます。

このタスクを開始する

  1. Okta Admin Consoleで、[Security(セキュリティ)]>[Behavior Detection(行動検知)]に移動します。

  2. [Add Behavior(行動を追加)]をクリックします。
  3. ドロップダウンから[Location(ロケーション)]を選択します。
  4. [Behavior Name(行動名)]に行動の名前を入力します。
  5. [Location granularity(ロケーションの粒度)]で、行動の評価に使用する方法と詳細レベルを選択します。
    • 緯度 - 経度
    • 市町村
    • 州または行政区

    注:緯度 - 経度を選択した場合は手順6に進み、それ以外の場合は手順7に進みます。

  6. [Radius from location(ロケーションからの半径)]に、ロケーションからの距離をキロメートルで入力します。値は5キロメートル以上である必要があります。
  7. [過去と照らし合わせて評価]に、この挙動の評価に使用した最近のオーセンティケーターの数を入力します。値は1以上である必要があります。
  8. [Save(保存)]をクリックします。

次の手順

サインオンポリシー ルールに動作を追加する