速度行動の追加

速度行動は、連続する2回のログイン試行の間における、エンドユーザーの地理的場所の変化に基づいたポリシーの定義に利用できます。速度は、現在の認証リクエストの時間とロケーションを使用して決定され、ユーザーが以前成功したログインの時間とロケーションと比較されます。速度により、時間的に不可能な2つの地理的場所の移動を特定できます。

たとえば、管理者は、2つの認証リクエスト間の速度が時速3000キロメートルの場合にオーセンティケーターを求めるようにポリシーを構成できます。これは、ニューヨークからサインイン後、1時間以内にロサンゼルスからサインインしようとするのと同じです。

このタスクを開始する

  1. Okta Admin Consoleで、[Security(セキュリティ)]>[Behavior Detection(行動検知)]に移動します。

  2. [Add Behavior(行動を追加)]をクリックします。
  3. ドロップダウンリストから、[Velocity(速度)]を選択します。
  4. [Behavior Name(行動の名前)]に行動の名前を入力します。
  5. [Velocity(速度)]に、ユーザーが2回のサインインリクエストの間で超えることのできない速度をkm/h単位で入力します。
  6. [Save(保存)]をクリックします。

次の手順

サインオンポリシー ルールに動作を追加する