カスタマイズされた管理者ロールの割り当ての作成について

これは早期アクセス機能です。有効にするには、Okta管理コンソールで[設定] > [機能]に移動し、[カスタム管理者ロール]をオンにします。

管理者ロールの割り当ては、次のコンポーネントで構成されています。

  • 管理者:管理者権限を付与する必要があるユーザーまたはユーザー・グループ。

  • ロール:管理者を制限する権限のセット。ロールには、標準とカスタムの2種類があります。組織には最大100個のロールを作成できます。現在、権限はユーザー、グループ、およびアプリのアクティビティーの管理のみに制限されています。

  • リソース・セット:リソースのコレクション。最大10,000個のリソース・セットを作成し、各リソース・セットには最大1,000個のリソースを割り当てることができます。現在は、組織内のユーザー・グループとアプリのみがリソースと見なされています。

注
  • リソース・セットは、カスタム管理者ロールでのみ使用できます。

  • 同じロールとリソース・セットの組み合わせを持つ管理者を1,000人のみに制限できます。

次のコンポーネントのいずれかから開始して、カスタムの管理者のロールの割り当てを作成できます。

カスタム管理者ロールの割り当てを作成するときに、次の操作もできます。

  • 管理者、ロール、リソース・セットを作成する。

  • 既存の割り当てを編集する。

  • 既存の割り当てを削除する。

関連項目

カスタム・ロールの割り当てを作成するためのベスト・プラクティス

ロールの権限について