ブランディング

これは早期アクセス機能です。この機能を有効にするには、早期アクセス機能とベータ機能の管理で説明したように、早期アクセス機能マネージャーを使用します。

ブランディングは、Oktaのインターフェースをカスタマイズするためのコードなしのツールです。

ブランディングは、ユーザーにシームレスなエクスペリエンスを提供します。 デフォルトのOktaブランドを使用する代わりに、ユーザーがサインインするページは組織のように表示されます。 エラー・ページでは同じテーマが維持されます。サインインすると、End-User Dashboardに組織の色が表示されます。アカウントとパスワードの保守のために送信するメール・メッセージにも、組織のブランドが反映されます。

コンセプト

組織のテーマは次のコンポーネントで構成されています。

  • プライマリ・カラー:3桁または6桁の16進コード
  • セカンダリ・カラー:3桁または6桁の16進コード
  • ロゴ: 非正方形の組織のロゴ
  • ファビコン:デジタルフレンドリーの正方形のアイコン
  • 背景:サインイン・ページの背景として使用するPNG画像またはJPG画像

Oktaインターフェースの次の部分にテーマを適用できます。

Oktaでホストされるサインイン・ページエンド・ユーザーがアプリケーションにサインインしようとすると、Oktaでホストされるサインイン・ページにリダイレクトされます。ここでは背景画像が使用され、サインイン・フィールドの上に組織のロゴが表示されます。ファビコンは、このページのブラウザー・タブに表示されます。
Oktaでホストされるエラー・ページサインイン中にエラーが発生すると、Oktaにはデフォルトのエラー・ページが表示されます。背景にはセカンダリ・カラーが使用され、エラー・メッセージの上に組織のロゴが表示されます。ファビコンは、このページのブラウザー・タブに表示されます。
End-User Dashboardエンド・ユーザーは、サインインした後、ダッシュボードでアプリケーションに安全にアクセスできます。このナビゲーション・メニューにはプライマリ・カラーが使用され、このページのブラウザー・タブにファビコンが表示されます。
Okta CommunicationsOktaは、パスワードがリセットされるか、アカウントがアクティブ化またはロック解除されると、エンド・ユーザーにメール通知を送信します。メール・テンプレートでは、プライマリ・カラーと組織のロゴが使用されます。
注

コード・エディターを使用してサインイン・ページとエラー・ページをカスタマイズすると、これらのページのブランディングが上書きされます。リセットの手順については、 を参照してください。

関連項目

組織のテーマを設定する

Oktaページにテーマを適用する

Okta Communicationsにテーマを適用する