エラーページをカスタマイズする

サインインフローでエラーが発生した場合、OktaはカスタムサインインページとURLドメインに関連するユーザーにカスタムエラーページを表示します。開始するには、埋め込みのコードエディターを使用します。

はじめに

  • スーパー管理者またはorg管理者であるか、カスタマイゼーション権限があるロールを持っている必要があります。
  • orgのテーマを設定します
  • コードエディターを使用する場合は、最初にブランドをカスタムドメインと関連付ける必要があります。「ドメインとメールアドレスをカスタマイズする」を参照してください。
  • 任意。エラーページですでにコードエディターを使用していたものの、代わりにカスタムブランディングを使用したい場合は、エディターページに移動して[Code editor(コードエディター)]をオフに切り替えます。コードエディターを使用してカスタマイズすると、これらのページのブランディングが上書きされます。

テーマを適用する

  1. Admin Console[Customizations(カスタマイズ)][Brands(ブランド)]に移動します。
  2. ブランドを選択します。
  3. [ページ]タブに移動し、[Error pages(エラーページ)][Edit(編集)]または[Configure(構成)]をクリックします。
  4. [Base style(ベーススタイル)]パネルからスタイルを選択します。
  5. [Code editor(コードエディター)]の横のトグルをオンに切り替えてコードエディターを開きます。使用法と設定の詳細については、「ホストされたエラーページをカスタマイズする」のガイドを参照してください。

  6. [Save and publish(保存して公開)]をクリックします。

関連項目

一般的なカスタマイズ設定の構成

エンドユーザー向けのダッシュボードタブの管理

サインインページをカスタマイズする