Okta End-User Dashboardへのアクセスを制御する

組織のOkta End-User Dashboardへのアクセスを制御する方法について学習します。新しい組織はデフォルトで新しいダッシュボードにアクセスできます。既存の組織はこのガイドを使用してダッシュボードを使用しないユーザーへのアクセスを削除できます。

このタスクの管理者ロールについて

  • Okta End-User Dashboardへのアクセス権を変更するには、スーパー管理者の権限が必要です。

  • Okta End-User Dashboardへのアクセスを拒否することを選択した場合、影響を受けるユーザーは、次のサインインまでアクセスの変更は発生しません。

特定のグループのOkta End-User Dashboardを無効にする

特定のユーザータイプおよびグループに対して、Okta End-User Dashboardへのアクセスを無効にすることができます。たとえば、サインオンポリシーを作成して、会社のイントラネットを介してアプリのみにアクセスできるグループや、カスタム構築のアプリのみにアクセスできるグループに対し、ダッシュボードへのアクセスを無効にできます。Okta End-User Dashboardへのアクセスを無効にする手順の例は次の通りです。

  1. 管理コンソールで[Application(アプリケーション)]に移動し、[active(有効)]でフィルタリングします。
  2. Okta Dashboardアプリを選択します。
  3. [サインオン・ポリシー]タブで、[ルールを追加]をクリックします。
  4. [Who does this rule apply to?(このルールを誰に適用しますか?)]と表示されたら、[The following groups and users(以下のグループやユーザー)]をクリックして、ルールを適用したい特定のグループを選択します。

    注:Okta End-User Dashboardへのアクセスを拒否するサインオンポリシーを追加する場合、影響を受けるグループに管理者が含まれていないこと、および管理者にダッシュボードへのアクセスを保持するより優先度の高いルールが適用されていないことを確認します。

  5. ページ下部の[Access(アクセス)]セクションで、ドロップダウンメニューを使用して[Denied(拒否)]を選択します。

関連項目

新しいOkta End-User Dashboard(エンドユーザー向けドキュメント)

Okta End-User Dashboard(エンド・ユーザー向けドキュメント)

Okta Browser Pluginのダウンロード

一般的なカスタマイズ設定を構成する