メールテンプレートをカスタマイズする

Oktaは、ユーザーがパスワードをリセットした時、アカウントを有効にした時、アカウントのロックを解除した時、メール要素で登録または認証した時、ユーザーに通知を送信します。

メールテンプレートをカスタマイズした場合、Oktaは他の言語でのデフォルトバージョンの送信を停止します。カスタマイズされたメッセージの翻訳を追加する必要があります。

はじめに

カスタムメールアドレスを構成します。orgがOktaドメインを使用している場合は、カスタマイズされたメールテンプレートを送信できません。

デフォルトのメールテンプレートを編集する

orgで使用できるすべてのメールテンプレートの完全な説明については、「カスタマイズ可能なメールテンプレートを使用する」を参照してください。

  1. Admin Console[Customizations(カスタマイズ)][Brands(ブランド)]に移動します。
  2. ブランドを選択します。
  3. [Emails(メール)]をクリックします。
  4. メールテンプレートを選択します。
  5. [Edit(編集)]をクリックして、メッセージをHTML形式で開きます。[Edit(編集)]の代わりに[Add Translation(翻訳を追加)]が表示される場合、テンプレートはすでにカスタマイズされています。デフォルトの言語バージョンで追加の編集を行う必要があります。「翻訳を追加する」の手順4に進みます。
  6. 編集します。以下の制限に注意してください。
    • メールテンプレートの最大サイズは64KBです。これは、半角文字(テキスト、HTML、CSS)に換算すると約65,000文字に相当します。UTF-8は使用できる文字数が少なく、1文字が4バイトになることもあります。

    • [Subject(件名)]は128文字を超えないようにしてください。

    • 一部のスタイルはテンプレートから削除される場合があります。

  7. [Save(保存)]をクリックします。編集したメッセージのデフォルトの言語バージョンが[Custom Email(カスタムメール)]テーブルに表示されます。

Oktaでは、1つのテンプレートで行った変更がほかの言語テンプレートに自動的に変換されることはありません。このカスタマイズの翻訳を追加するには、「翻訳を追加する」の手順4に進みます。

翻訳を追加する

  1. Admin Console[Customizations(カスタマイズ)][Brands(ブランド)]に移動します。
  1. ブランドを選択します。
  2. [Emails(メール)]をクリックします。
  3. カスタマイズしたメールテンプレートを選択します。デフォルトの言語バージョンが[Custom Email(カスタムメール)]テーブルに表示されます。
  4. [Add Translation(翻訳を追加)]をクリックし、ドロップダウンボックスから言語を選択します。[Add Translation(翻訳を追加)]ボタンが利用できない場合は、このテンプレートはカスタマイズされていません。「デフォルトのメールテンプレートを編集する」を参照してください。
  5. 翻訳を編集し、[Add Translation(翻訳を追加)]をクリックします。
  6. 言語を追加する場合は、手順5と6を繰り返します。

すべてのカスタム翻訳を削除してOktaテンプレートに戻すには、[Reset to Default(デフォルトにリセット)]をクリックします。

次の手順

Velocityテンプレート言語

カスタマイズしたメールテンプレートをテストする