イベントフックのプレビュー

イベントフックのプレビューを行うと、管理者が新しいイベントフックを有効にする前にプレビューして、カスタムコードとの相互作用を確認できます。イベントフックのプレビューでは、イベントフックリクエストのJSONペイロードが表示されます。管理者は、JSONペイロードを配信前に編集することで、イベントに対するコードの応答についてトラブルシューティングを行うことができます。

あるイベントタイプに対してイベントが生成されない場合、イベントフックのプレビューにはサンプルデータを含むサンプルイベントが表示されます。未確定のフィールドはnullに設定され、テスト用にカスタム値に置き換えることができます。

イベントフックのプレビューを構成する

イベントフックリクエストを構成して、コードの応答をトラブルシューティングします。デフォルトでは、アクティブなイベントフックが最初に表示されますが、タイプまたは名前で表を並べ替えることができます。

開始する前に

  • イベントフックを表示および構成できるのはスーパー管理者のみです。
  • サンプルのイベントフックのプレビューリクエストは、最近のイベントの実際の値を使用して生成されます。生成されていないイベントのプレビューリクエストにはサンプル値が含まれています。
  • イベントフックのJSONペイロードにはイベントデータが含まれています。

イベントフックのプレビューを構成するには

  1. Okta Admin Consoleで、[Workflow(ワークフロー)]>[Event Hooks(イベントフック)]に移動します。
  2. プレビューするイベントフックを探し、その[Actions(アクション)]メニューをクリックします。
  3. [Preview(プレビュー)]を選択します。
  4. [Preview(プレビュー)]タブで次のタスクを実行します。
    • [Configure Event Hook request(イベントフックリクエストの設定)]セクションで、[Event Type(イベントタイプ)]ドロップダウンメニューからイベントを選択します。
    • [System Log Event(システムログイベント)]ドロップダウンメニューからイベントを選択します。選択したイベントタイプに対してイベントが生成されない場合、サンプルのイベントが表示されます。
    • [Preview & Deliver Event Hook(イベントフックのプレビューと配信)]にリクエストのJSONペイロードが表示されます。リクエストのサンプルJSONペイロードにイベントデータが含まれていることを確認します。
    • [Edit(編集)]をクリックしてJSONペイロードをさらに編集し、[Save(保存)]をクリックします。
    • [Deliver Request(リクエストを配信)]をクリックします。

JSONペイロードを表示および編集する

イベントフックのプレビューには、イベントフックリクエストのJSONペイロードが表示されます。あるイベントタイプに対してイベントが生成されない場合、イベントフックのプレビューにはサンプルデータを含むサンプルイベントが表示されます。未確定のフィールドはnullに設定され、テスト用にカスタム値に置き換えることができます。

管理者は、ペイロードを配信する前にJSONペイロードを編集することで、イベントに対するコードの応答についてトラブルシューティングを行うことができます。

イベントフックのプレビューステータス

イベントフックのプレビューには、イベントフックリクエストのステータスが成功または失敗として表示されます。

関連項目

イベントフックを追加する

エンドポイントを確認する