ステップ2:VMware Identity ManagerでOktaのアプリケーションソースを構成する

前提条件:

ステップ1:OktaでVMware Identity ManagerをIDプロバイダーとして構成する

このステップでは、ユーザーの認証後にデバイスポスチャ―情報をSAMLレスポンスでOktaに送信するようにVMware Identity Managerを構成します。

これは、1回限りの初回の構成タスクです。

コンテンツ


VMware Identity ManagerでOktaアプリケーションソースを構成する

前提条件

の説明に従い、Oktaで VMware Identity ManagerをIDプロバイダーとして構成している。

手順

  1. VMware Identity Managerコンソールで、[Catalog(カタログ)]>[Web Apps(ウェブアプリ)]タブを選択します。
  2. [Settings(設定)]をクリックします。
  3. 左側のペインで[アプリケーションソース]をクリックします。
  4. [OKTA]をクリックします。
  5. [OKTA Application Source wizard Definition(OKTAアプリケーションソースウィザードの定義)]のページで、必要に応じて説明を入力してから、[Next(次へ)]をクリックします。
  6. [Configuration(構成)]ページの
    1. [Configuration(構成)]で、[URL/XML]を選択します。
    2. [URL/XML]テキストボックスに、 の説明に従いOktaからダウンロードしたSPメタデータをコピーして貼り付けます。
  7. iOSおよびAndroidモバイルデバイス用のデバイスの信頼を構成する場合は、[Advanced Properties(高度なプロパティ)]をクリックして、次のオプションを[Yes(はい)]に設定します。

  8. 注:これらのプロパティは、iOSおよびAndroidデバイス用のデバイスの信頼ソリューションでは必須です。


    オプション説明
    Device SSO Responseユーザーの認証後にデバイスポスチャ―情報をSAML レスポンスでOktaに送信します。
    Enable Force Authn Request認証リクエストの強制を有効化します。サービスプロバイダーは、 forceAuthn=true フラグをSAMLリクエストで送信できます。これにより、ユーザーが強制的に再認証されます。
    Enable Authentication Failure Notification認証が失敗した場合にSAMLレスポンスのエラーメッセージを受け取ります。

  9. [Next(次へ)]をクリックします。
  10. [Access Policies(アクセスポリシー)]ページで、デフォルトのアクセスポリシーセットを選択します。
  11. Oktaアプリケーションからの認証リクエストが、このポリシーセットを使用して認証されます。

  12. [Next(次へ)]をクリックして、選択内容を確認してから[Save(保存)]をクリックします。
  13. OKTAアプリケーションソースを再度クリックします。
  14. [Configuration(構成)]ページで[Username Value(ユーザー名の値)]を変更して、Oktaが照合する値(Oktaユーザー名など)と一致させます。
  15. [Next(次へ)]を2回クリックしてから、[Save(保存)]をクリックして変更を保存します。

次の手順

Oktaアプリケーションソースをすべてのユーザーに割り当てる

Oktaアプリケーションソースをすべてのユーザーに割り当てる

Oktaアプリケーションソースを構成したら、それをVMware Identity Managerですべてのユーザーに割り当てます。

前提条件

の説明に従い、VMware Identity ManagerでOktaアプリケーションソースを構成している。

手順

  1. VMware Identity Managerコンソールで、[Users & Groups(ユーザー&グループ)]>[Groups(グループ)]タブをクリックします。
  2. [ALL USERS(すべてのユーザー)]グループをクリックします。
  3. [Apps(アプリ)]タブをクリックしてから、[Add Entitlements(エンタイトルメントの追加)]をクリックします。
  4. [OKTA]アプリケーションを選択し、[Deployment(デプロイメント)]タイプとして[Automatic(自動)]を選択します。
  5. [Save(保存)]をクリックします。