RADIUSと連携するようにNetMotion Mobilityを構成する

このタスクでは、NetMotionサーバー・コンソールを使用して、RADIUSで動作するようにNetMotionを構成します。

開始する前に

  • 共通のUDPポートと秘密鍵の値が利用可能であることを確認します。

NetMotion Mobilityサーバー・コンソールで、以下の手順を実行します。

  1. [構成] > [認証の設定]に移動します。
  2. [認証] > [モード]で、[認証モード]として[ユーザーが必要]または[ユーザーが必要/デバイスはオプション]を設定します。
  3. [認証] > [プロトコル]で、[ユーザー認証プロトコル]として[RADIUS-EAP (PEAPとEAP-TLS)]を設定します。 
  4. [RADIUS:ユーザー認証] > [サーバー]で、[ホスト・アドレス][ポート][共有シークレット]を設定し、[OK]をクリックします。
  5. [RADIUS:ユーザー認証] > [再送信間隔]で、再送信間隔を100秒に設定します。
  6. 負荷分散されたインスタンスの場合、NetMotionの負荷分散アルゴリズムを変更します。
  7. これらの設定を保存します。