Oracle Access Managerプラグインをインストールして構成する

このタスクでは、Oracle Access Managerのプラグインをインストールして構成します。

開始する前に

注

プラグインがOracle Access Managerコンソールからアクセス可能な場所にあることを確認します。

  1. Oracle Access Managerコンソールにログインします。
  2. [認証プラグイン] に移動し、[プラグイン]タブを選択します。
  3. [プラグインのインポート]をクリックし、パート3でダウンロードしたファイルを選択します。
    注:アップロード後、プラグインの状態は[アップロード済み]になります。
  4. プラグインを含む行を選択し、[選択したプラグインを配布]
    を押します。注:選択した行は青色になります。
    配布後、プラグインの状態が[配布済み]に変わります。
  5. [選択したプラグインのアクティブ化]ボタンをクリックし、プラグインをアクティブ化します。
    エラーが発生した場合は、 Okta OAMプラグインを手動でアクティブ化するに記載されている手順に従ってください。

アクティベーション・ステータスに応じて、プラグインjarは以下の場所にあります。DOMAIN_HOMEは、Windows環境とLinux環境の両方でWebLogic Serverドメインの場所を表すことに注意してください。Windowsでは、DOMAIN_HOMEC:\Oracle\Middleware\user_projects\domains\<domainname>などに設定されています。

アクティベーション・ステータスロケーション
アップロード済み

管理サーバー

  • Linux: ${DOMAIN_HOME}/oam/plugins
  • Windows:%DOMAIN_HOME%\oam\plugins
配布済み

OAMサーバー

  • Linux:${DOMAIN_HOME}/config/fmwconfig/oam/plugins
  • Windows:%DOMAIN_HOME%\config\fmwconfig\oam\plugins

プラグインが通信に使用するclientIdclientSecreturlを構成する必要があります。プラグインを構成するには:

  1. [認証プラグイン] に移動し、[プラグイン]タブを選択します。
  2. 前のセクションでインストールしたOkta OAMプラグインを含む行を選択します。
  3. [構成パラメーター]セクションで、clientIDclientSecreturlを構成します。

    clientIDclientSecretは、OAMアプリケーションを組織に追加したときに設定したものを使用します。さらに、URLは組織のURLに基づく必要があります(例: https://<orgname>.okta.com)。

  4. [保存]をクリックします。