Oracle Access Managerプラグインのインストールおよび設定

このタスクでは、Oracle Access Managerのプラグインをインストールして設定します。

はじめに

  • プラグインが、Oracle Access Managerコンソールからアクセス可能な場所にあることを確認します。
  1. Oracle Access Managerコンソールにログインします。
  2. [Authentication Plugins(認証プラグイン)]に進み、[Plug-ins(プラグイン)]タブを選択します。
  3. [Import Plug-in(プラグインのインポート)]をクリックしてパート3でダウンロードしたファイルを選択します。
    注:アップロードされた後、プラグインはuploaded(アップロード済)ステータスになります。
  4. プラグインが含まれる行を選択し、[Distribute Selected(選択したものを配布)]を押します。
    :選択された行は青色で表示されます。
    配布後、プラグインの状態がdistributed(配布済)に変わります。
  5. [Activate Selected(選択項目をアクティベート)]ボタンをクリックしてプラグインをアクティベートします。
    エラーが発生した場合、 Oracle Access Managerプラグインのインストールおよび設定セクションを参照して、標準アクティベートが失敗したときのに手順に従います。

アクティベーション ステータスに基づき、plugin jarが以下の場所に保存されます。DOMAIN_HOMEはWindowsおよびLinux環境のWebLogic Server ドメインの場所を表します。 WindowsでのDOMAIN_HOMEの例:C:\Oracle\Middleware\user_projects\domains\<domainname>

アクティベーション ステータス場所
Uploaded(アップロード済)

管理サーバー

  • Linux - ${DOMAIN_HOME}/oam/plugins
  • Windows -%DOMAIN_HOME%\oam\plugins
Distributed(配布済)

OAMサーバー

  • Linux - ${DOMAIN_HOME}/config/fmwconfig/oam/plugins
  • Windows - %DOMAIN_HOME%\config\fmwconfig\oam\plugins

プラグインが通信に使用するclientIdclientSecretおよびurlを設定する必要があります。プラグインを構成するには、

  1. [Authentication Plugins(認証プラグイン)]に進み、[Plug-ins(プラグイン)]タブを選択します。
  2. 前のセクションでインストールしたOkta OAM プラグインを含む行を選択します。
  3. [Configuration Parameters(構成パラメーター)]セクションで、clientIDclientSecret、およびurlを設定します。

    clientIDおよびclientSecretはOAMアプリケーションが組織に追加されたときのものです。URLは組織のURLに基づいている必要があります。例: https://<orgname>.okta.com

  4. [Save(保存)]をクリックします。

次のステップ

OktaWidget.warのデプロイ