モジュール、スキーマ、およびポリシーの設定

このタスクでは、OAMリソースを保護するモジュール、スキーマ、およびポリシーを設定します。

  1. Oracle Access Managerコンソールにログインします。
  2. 認証モジュールを作成します。
    1. [Authentication Module(認証モジュール)]>[Create(作成)]をクリックします。
    2. [General(一般)]タブで、適切な名前説明を入力して[Create(作成)]をクリックします。
    3. 新しい認証モジュールの[Steps(手順)]タブを選択します。
    4. 以下のように、プラグインを参照するステップを新規作成し、ステップの詳細を設定します。
    5. [Steps Orchestration(ステップのオーケストレーション)]タブを選択します。
    6. 先ほど作成したステップを初期ステップとして選択します。
      On Success(成功時)の状態にsuccessを、On Failure(失敗時)およびOn Error(エラー時)の状態にfailureを設定します。
    7. 完了したら[Apply(適用)]をクリックします。
  3. 認証スキーマを作成します。
    1. [Authentication Scheme(認証スキーマ)]>[Create(作成)]をクリックします。
    2. 以下のようにスキーマを構成します。
      注:Authentication Module(認証モジュール)フィールドは先のステップで作成したモジュールに設定します。
    3. 完了したら [Apply(適用)]をクリックします。
  4. サービスが有効化されているか確認します。
    1. [Configuration(構成)]> [Available Services(利用可能なサービス)]に進みます。
    2. Access ManagerおよびAdaptive Authentication Serviceがどちらも有効化されていることを確認します。
  5. 新規認証スキーマを参照する認証ポリシーを作成します。
    1. [Application Domain(アプリケーション ドメイン)]>[WebGateTest」>[Authentication Policies(認証ポリシー)]>[Protected Resource Policy(保護対象リソースポリシー)]>[Advanced Rules(高度なルール)]の順に進みます。
    2. [Advanced Rules(高度なルール)]の下で、[Post-Authentication(認証後)]タブを選択します。
    3. [Add(追加)]をクリックして以下のようなルールを追加します。
      注: すべてのフィールドは下図のようになりますが、Switch Authentication Scheme(認証スキーマを切り替え)は作成したスキーマの名前に設定してください
    4. 完了したら[Apply(適用)]をクリックします。

次のステップ

(オプション)OAMサーバーでSSLを有効化