Okta Privileged AccessゲートウェイをRed Hat/CentOSにインストールする

  1. RPMキーを追加します。

    sudo rpm --import https://dist.scaleft.com/GPG-KEY-OktaPAM-2023

  2. アーティファクトにアクセスするために、/etc/yum.repos.d/oktapam-stable.repoファイルを作成します。PLATFORM-KEYは適切なプラットフォーム名に置き換えます(例:amazonlinuxrhelcentosalmafedora)。RELEASE-VERSIONはOSの適切なメジャーバージョン番号に置き換えます(例:7、8、9、マイナーバージョンを含めない)。

    [oktapam-stable] name=Okta PAM Stable - PLATFORM-KEY RELEASE-VERSION baseurl=https://dist.scaleft.com/repos/rpm/stable/PLATFORM-KEY/RELEASE-VERSION/$basearch gpgcheck=1 repo_gpgcheck=1 enabled=1 gpgkey=https://dist.scaleft.com/GPG-KEY-OktaPAM-2023

  3. dnf updateを実行し、新しいGPGキーを受け入れます。

    Importing GPG key 0xB8966AE8: Userid : "Okta PAM/ASA Packager (PAM/ASA Package Signing Key) <security+pam-packages-2023@okta.com>" Fingerprint: A3A9 03C2 9B5C AF75 34B9 F393 1983 7E37 B896 6AE8 From : https://dist.scaleft.com/GPG-KEY-OktaPAM-2023

    404エラーが返されるときは、ステップ2でRELEASE-VERSIONがサポートされるOSのメジャーバージョン番号に置き換えられていることを確認してください。たとえば、RedHat 8.6であれば、RELEASE-VERSIONを8に置き換えます。

  4. ゲートウェイをインストールします。dnfパッケージマネージャーがない場合は、yumを使用できます。

    sudo dnf install scaleft-gateway

次の手順

トークンとラベルを作成する