自動化とフック

自動化とフックにより、ライフサイクルタスクの自動化、Oktaプロセスのカスタマイズ、カスタムコードの他のシステムとの統合が可能になります。

自動化
エンドユーザーのライフサイクルの変化に対応します。
インラインフック
カスタムコードをOktaワークフローに統合します。
イベントフック
独自のソフトウェアシステムでプロセスフローをトリガーします。
委任されたフロー
Okta Admin ConsoleからOktaワークフローを直接実行します。