イベント・フック

イベント・フックとは、独自のソフトウェア・システム内でプロセス・フローをトリガーする、Oktaからのアウトバウンド・コールです。組織で特定のイベントが発生したときに送信され、イベントに関する情報を提供します。インライン・フックとは異なり、イベント・フックは非同期的であり、Oktaプロセス・フローを実行するための方法ではありません。呼び出しを送信した後、Oktaプロセス・フローは呼び出されたサービスからの応答を待たずに続行されます。

イベント・フックを設定するには、インターネットにアクセス可能なエンドポイントを使用してWebサービスを実装する必要があります。Okta外部のシステムでコードのホスティングを手配するのはユーザーの責任です。Oktaは、カスタム・コードに送信するリクエストと、カスタム・コードが返信できる応答について、REST APIコントラクトを定義しています。

その他のリソース

イベント・フックに役立つリソースがいくつかあります。

トピック

次も参照

インライン・フック