Salesforceプロビジョニングの有効化

注

最新バージョンのSalesforce統合にアップグレードして、プロビジョニングおよびインポートでOAuth認証を使用できます。この新バージョンは新しい組織のデフォルトバージョンです。詳しくは「OAuthおよびREST 統合の設定」を参照してください。

OktaとSalesforceとの間でユーザーおよびグループデータを共有できるようにするには、プロビジョニング設定を構成する必要があります。プロビジョニング設定を構成するには、Salesforceアカウント ユーザー名とパスワード、ならびにトークンが必要です。今後アカウント パスワードをリセットすると、Salesforceから新しいトークンが提供され、Salesforceプロビジョニング設定を編集する必要があります。

  1. Salesforceで管理者アカウントを作成します。

  2. 管理コンソールで、[アプリケーション] > に移動します。 [Applications(アプリケーション)]に進みます。

  3. 検索フィールドにSalesforceと入力し、Salesforce.comをクリックします。
  4. [Provisioning(プロビジョニング)]タブをクリックし、[Configure API Integration(API統合の構成)]をクリックします。
  5. [Enable API Integration(API統合を有効化)]チェックボックスを選択します。

  6. [Username(ユーザー名)]および[Password + Token(パスワード+トークン)]フィールドに入力します。パスワードとトークンの間には空白やその他の文字を挿入しないでください。

    重要な注意事項

    重要

    • パスワードをリセットする際に統合が解除されてしまわないように、OktaとSalesforceの接続専用のAPIアカウントを使用します。
    • ここで指定するAPIユーザーに対してSalesforceの代理認証を有効化しないでください。
  7. (任意)[Allow Pushing Null Values(Null値のプッシュを許可する)]チェック ボックスを選択してSalesforceからOktaへのNull値のプッシュを許可します。

  8. (任意)[Test API Credentials(API資格情報をテスト)]をクリックしてAPI 統合をテストします。
  9. [保存]をクリックします。

  10. (任意)OktaからSalesforceへのプロビジョニング設定を編集するには、 [SETTINGS(設定)]リストで[To App(アプリへ)]を選択し、[Edit(編集)]をクリックします。
  11. [保存]をクリックします。

  12. (任意)SalesforceからOktaへのプロビジョニング設定を編集するには、 [SETTINGS(設定)]リストで[To Okta(Oktaへ)]を選択し、[Edit(編集)]をクリックします。

  13. [保存]をクリックします。

  14. ユーザーをSaleforceに割り当てます。アプリケーションのユーザーへの割り当てを参照してください。