Workday

概要

Oktaは、標準APIを介してWorkdayからユーザーとグループをインポートできます。次の3種類のインポートがサポートされています。

これらのインポートタイプの最適な構成により、WorkdayからOktaに移動するデータの最適なデータ精度と適時性を確保できます。これらは、各インポートタイプの機能と制限を考慮して構成する必要があります。

Oktaは、以下に説明するように、WorkdayからのインポートとWorkday主導のITプロビジョニングの2つの典型的なシナリオをサポートしています。


前提条件

Oktaでプロビジョニングを構成する前に、以下の操作が必要です。


手順


新機能