ユーザーにアプリの統合を割り当てる

アプリの統合をユーザーに割り当てることで、ユーザーがアプリの統合にアクセスし、使用できるようにします。

  1. Okta Admin Consoleで、[Applications(アプリケーション)]>[Applications(アプリケーション)]に移動します。
  2. [Search(検索)]フィールドにアプリ統合名を入力します。
  3. そのアプリの統合名をクリックして、設定ページを開きます。
  4. [Assignments(割り当て)]タブを選択します。
  5. [Assign(割り当て)]をクリックし、[Assign to People(ユーザーに割り当て)]を選択します。
  6. [Assign <application name> to People(<アプリケーション名>をユーザーに割り当て)]ダイアログボックスで、ユーザー名の横にある[Assign(割り当て)]をクリックします。
  7. [Assign <application name> to People(<アプリケーション名>をユーザーに割り当て)]ダイアログで、データが正しいことを確認します。
  8. [Save and Go Back(保存して戻る)]をクリックします。

    [Assign <application name> to People(<アプリケーション名>をユーザーに割り当て)]ダイアログで、ユーザーの[Assigned(割り当て済み)]ボタンが無効になっています。これは、アプリの統合がユーザーに割り当てられていることを示しています。

  9. [Done(完了)]をクリックします。

    ユーザーの[Type(タイプ)]列には、「個人」が表示されます。

  10. 任意。ユーザーがアプリ統合に割り当てられたことを確認するには、[Reports(レポート)]>[System Log(システムログ)]に移動し、[Add user to application membership(アプリケーションメンバーシップにユーザーを追加)]エントリのステータスが[Success(成功)]になっていることを確認します。

関連項目

アプリケーションのユーザーへの割り当て