管理者コンポーネントの操作

管理者とは、管理者権限が付与されたユーザーまたはユーザーグループのことです。

一般的なユースケースは、管理者の職務を実行する必要があるユーザーがいる場合です。管理者に必要な権限を付与し、それらの権限をリソースセットに制限する必要があります。次のいずれかの方法に従って、管理者ロールの割り当てを作成できます。

第三者管理者

スーパー管理者は、次のいずれかの方法を使用して、代理管理者を第三者管理者としてマークできます。

  • ユーザーまたはグループのプロファイルページから:

    1. [Admin permission(管理者権限)]タブに移動し、[Edit assigned admin privileges(割り当て済みの管理者権限を編集する)]をクリックします。

    2. [Administrator assignment by admin(管理者別の管理者の割り当て)]ページで、[Exclude admin from receiving all admin-related communications(すべての管理者関連の通信を管理者が受信できないようにすることができます。)]チェックボックスを選択します。

  • [Overview(概要)]タブまたは[Admins(管理者)]タブから:

    1. [Add Administrator(管理者を追加)]をクリックします。

    2. [Administrator assignment by admin(管理者別の管理者の割り当て)]ページで、[Exclude admin from receiving all admin-related communications(すべての管理者関連の通信を管理者が受信できないようにすることができます。)]チェックボックスを選択します。

[Admin role assignment report(管理者ロールの割り当てレポート)]の[third-party admin(第三者管理者)]列を表示するには、[Setting(設定)]>[Account(アカウント)]ページで[Manage third-party admins(第三者管理者を管理)]チェックボックスをオンにします。

注

カスタム管理者ロールを持つ代理管理者を第三者管理者としてマークできます。これを行うと、カスタム管理者ロールが第三者管理者をサポートできるときにこれらの管理者がOktaサポートに対してプロビジョニングされないことが保証されます。

管理者固有のタスク

管理者を使用して管理者ロールの割り当てを作成する