IDプロバイダーのメタデータの追加

[Add Identity Provider(IDプロバイダーの追加)]をクリックして鉛筆アイコンを選択することで、既存のIDプロバイダー(IdP)の情報をアップデートできます。[Add a SAML Identity Provider(SAML IDプロバイダーの追加)]の説明に従い、IdPにより提供されたログオンURLと発行者を入力します。

セキュリティプロバイダーにIDP.XMLファイルを提供するように求められた場合は、一部構成されたアプリからこの情報を取得できます。このメタデータはアプリの作成時に動的に生成されます。

開始する前に

「SAML IDプロバイダーの追加」タスクを完了します。

このタスクを開始する

  1. orgにSAML Template Appを追加します。
  2. [General Settings(一般設定)]で、把握している情報をすべて入力してから[Next(次へ)]をクリックします。フィールドに入れる値がまだない場合は、PLACEHOLDERと入力します。
  3. アプリをユーザーに割り当てないでください。[Next(次へ)]をクリックします。
  4. [Done(完了)]をクリックします。
  5. [Sign On(サインオン)]タブで、[Settings(設定)]セクションに移動します。[SAML 2.0]のチェックボックスで、[SAML 2.0 setup instructions for Template SAML 2.0 App(Template SAML 2.0 App用のSAML 2.0設定手順)]をクリックします。
  6. 注

    この情報は動的に生成されます。SPにこのメタデータを提供する場合、このテンプレートアプリを使用して統合を実行する必要があります。テストで新しいアプリの作成が必要な場合は、新しく生成されたメタデータをSPに再度提供する必要があります。

新しいページで、[Configuration Data(構成データ)]セクションまでスクロールします。ブロック1~3には、SPエンドポイントの構成に必要な情報が含まれます。XMLファイルとしてこの情報を保存するには、ブロック4でIdPメタデータを使用します。

次の手順

Okta Universal Directoryマッピングの構成

IDプロバイダー、SAML、またはSSOのエラーページを指定する