Universal Directoryマッピングの構成

インバウンドSAMLワークフローの構成(LINK)のこの部分はオプションです。

インバウンドSAMLは、組織用に設定されたUniversal Directory(UD)と連携します。各IDプロバイダーのUDマッピングをカスタマイズできます。

開始する前に

UD マッピングを構成する前に、次のタスクを完了してください。

SAML IDプロバイダーの追加

IDプロバイダーのメタデータの追加

[プロファイルを編集]オプションと[マッピングを編集]オプションは、プラットフォームのSSOおよびレガシーSSO 2013エディションでは使用できません。

このタスクを開始する

  1. 管理コンソールで、[セキュリティー] > に移動します [IDプロバイダー]
  1. マッピングするIdPを見つけて、[構成] > [プロファイルとマッピングの編集]をクリックします。
    • [属性を追加]をクリックして、デフォルトのカスタム属性リストに追加します。
    • 既存の属性をクリックして、その情報を編集します。
    • [属性をマッピング]をクリックして、IdPとOktaの間のマッピングをカスタマイズします。

次の手順

エラー・ページの指定