Okta Universal Directoryマッピングの構成

インバウンドSAMLワークフローの構成(LINK)のこの部分は任意です。

インバウンドSAMLは、組織用に設定されたOkta Universal Directory(UD)と連携します。UDマッピングは、IDプロバイダーごとにカスタマイズできます。

開始する前に

UDマッピングを構成する前に、以下のタスクを完了します。

SAML IDプロバイダーの追加

IDプロバイダーのメタデータの追加

[Edit Profile(プロファイルの編集)][Edit Mappings(マッピングの編集)]のオプションは、プラットフォームのSSOおよびレガシーSSO 2013エディションでは利用できません。

このタスクを開始する

  1. Okta Admin Consoleで、[Security(セキュリティ)]>[Identity Providers(IDプロバイダー)]に移動します。
  1. マッピングするIdPを見つけて、[Configure(構成)]>[Edit Profile and Mappings(プロファイルとマッピングを編集)]の順にクリックします。
    • [Add Attribute(属性の追加)]をクリックして、デフォルトのカスタム属性リストに追加します。
    • 既存の属性をクリックして、その情報を編集します。
    • [Map Attributes(属性のマッピング)]をクリックして、IdPとOkta間のマッピングをカスタマイズします。

次の手順

IDプロバイダー、SAML、またはSSOのエラーページを指定する