メールテンプレート

Okta Identity Engineでは、一部のメールテンプレートが新しい名前になり、機能が追加されています。次の表を参照して、変更点を確認してください。

アクション Okta Classic Engineのメールテンプレート Okta Identity Engineのメールテンプレート 変更点
Oktaをソースとするユーザーのセルフサービスパスワードリセット(SSPR) パスワードを忘れた場合 パスワードを忘れた場合 追加:「Can't use the link? Enter a code instead: (recoveryToken Placeholder)(リンクを使用できませんか?代わりにコードを入力してください:(recoveryTokenプレースホルダー))」
Oktaをソースとするユーザーのセルフサービスロック解除(SSU) セルフサービスによるアカウントロック解除 セルフサービスによるアカウントロック解除 追加:「Can't use the link? Enter a code instead: (recoveryToken Placeholder)(リンクを使用できませんか?代わりにコードを入力してください:(recoveryTokenプレースホルダー))」
ADをソースとするユーザーのSSPR Active Directoryパスワードリセット Active Directoryパスワードリセット 追加:「Can't use the link? Enter a code instead: (recoveryToken Placeholder)(リンクを使用できませんか?代わりにコードを入力してください:(recoveryTokenプレースホルダー))」
LDAPをソースとするユーザーのSSPR LDAPパスワードを忘れた場合 LDAPパスワードを忘れた場合 追加:「Can't use the link? Enter a code instead: (recoveryToken Placeholder)(リンクを使用できませんか?代わりにコードを入力してください:(recoveryTokenプレースホルダー))」
ADをソースとするユーザーのSSU セルフサービスによるActive Directoryアカウントロック解除 セルフサービスによるActive Directoryアカウントロック解除 追加:「Can't use the link? Enter a code instead: (recoveryToken Placeholder)(リンクを使用できませんか?代わりにコードを入力してください:(recoveryTokenプレースホルダー))」
セキュリティ通知:MFA登録

MFA要素が登録されました

変更:

Okta Admin Consoleでのメールの表示名

変更:

メールの件名が「MFA Factor enrolled(MFA要素が登録されました)」から「Security method enrolled(セキュリティメソッドが登録されました)」に

オーセンティケーターの登録完了

変更:「Multi-factor authentication(多要素認証)」が「security method(セキュリティメソッド)」に

変更:「{factor Placeholder}({要素プレースホルダー})」が「{authenticator Placeholder}({オーセンティケータープレースホルダー})」に

セキュリティ通知:MFAリセット

MFA要素がリセットされました

変更:

Okta Admin Consoleでのメールの表示名

変更:

メールの件名が「MFA Factor Reset(MFA要素がリセットされました)」から「Security method reset(セキュリティメソッドがリセットされました)」に

オーセンティケーターのリセット

変更:「Multi-factor authentication(多要素認証)」が「security method(セキュリティメソッド)」に

変更:「{factor Placeholder}({要素プレースホルダー})」が「{authenticator Placeholder}({オーセンティケータープレースホルダー})」に

Okta Identity Engineでは、[Forgot Password(パスワードを忘れた場合)]/[Account password reset(アカウントパスワードリセット)]メールテンプレートが変更されます。

Okta Classic Engine Okta Identity Engine

Okta Identity Engineでは、[MFA Factor Enrolled(MFA要素の登録完了)]メールテンプレートが変更されます。

Okta Classic Engine Okta Identity Engine

アップグレード後にメールテンプレートはどうなりますか?

Okta Identity Engineへのアップグレード後は、すべてのカスタマイズがそのまま維持されます。テンプレートを検証して、期待どおりに機能することを確認します。

multifactor authenticators(多要素オーセンティケーター)という用語は、自動的にsecurity methods(セキュリティメソッド)には変更されません。アップデートされた表現を使用する場合は、メールテンプレートを手動で更新するか、メールテンプレートをデフォルトの状態にリセットする必要があります。

メールリンクの有効期限

Okta Classic Engineでは、メールリンクのデフォルトの有効期限は1時間です。セルフサービスパスワードリセットのパスワードポリシー、またはメール認証要素の[Security(セキュリティ)]>[Multifactor(多要素)]メニューで有効期限をカスタマイズしていました。

Okta Identity Engineの場合、デフォルトの有効期限は5分であり、5分単位で最大30分までカスタマイズできます。セルフサービスによるパスワードリセット、セルフサービスによるアカウントロック解除、多要素認証のメールリンクの有効期限を、[Security(セキュリティ)]>[Authenticators(オーセンティケーター)]メニューにある[Email Authenticator(メールオーセンティケーター)]の1か所で構成できます。