EDR統合

Okta Verifyは組織のエンドポイント検出および応答(EDR)ソリューションと統合できます。保護されたリソースにユーザーがアクセスしようとすると、Okta Verifyでデバイスのコンテキストと信頼シグナルを調査し、これらのシグナルを使用してアクセスの可否を決定します。EDRと統合することで、同じデバイスで実行されているEDRクライアントによって収集されるシグナルをOkta Verifyがキャプチャできるようになるため、デバイス状態の評価が拡充されます。その後、すべてのシグナルがOktaサーバーに送信され、Okta管理コンソールで構成したアプリのサインオン・ポリシーと照合して評価されます。

注

現在、OktaはCrowdStrikeおよびMicrosoft Windowsセキュリティ・センターとの統合をサポートしています。今後、さらに多くのEDRベンダーのサポートが予定されています。

トピック